コピーガード

イメージ画像

ロシアStarForce社で開発されたインターネット認証型保護システムです。
実行ファイルの起動時にインターネット認証を行い、シリアルキーコードがないユーザーの不正動作を防止します。

最小ロット

100ユーザーから承ります。

対応ファイル形式

exe形式

対応OS

  • Windows2000 Professional, Server (SP6以上)
  • Windows2003 Server
  • WindowsXP 32bit, 64bit
  • Windows7 32bit, 64bit
  • Windows8

Windows98,Me以下のバージョンとWindows以外のOSには対応していません。

認証の流れ

  • 指定されたプログラムの起動時にシリアルキーコード入力を行います。
  • 正規シリアルキーコードが入力された場合、プログラムが起動します。
  • インターネット環境がない場合、別の端末からの代理認証が可能です。

エラーサポート

インターネット上の管理画面よりシリアルキーコードの利用状況を確認できます。
認証エラーの起きたユーザーに対しては認証回数の再設定が可能です。

納品までのスケジュール

見積依頼

当サイトの見積もりフォーム、もしくはお電話にてご連絡ください。

実行ファイル加工

保護したい実行ファイルにプロテクト処理を施します。
申込書と共に実行ファイルを弊社宛てに送付してください。

動作確認

メール添付、もしくはCD-R/DVD-Rにてプロテクト済みプログラムを送付します。
テストシリアルキーコードを発行しますので、お客様側で動作確認を行なってください。

プロテクト加工:3~5営業日

シリアルキーコード発行

プログラムの動作に問題がなければ、シリアルキーコードを発行します。
必要な数量をお申し付けください。
ディスク形式で配布をお考えの際はメディアプレスの項目もご参照ください。

納品

シリアルキーコードはCSV形式でご納品致します。

実行ファイル作成時の注意

  • 実行ファイル内にアーカイブは含めないでください。
  • 実行ファイルで自己ファイルチェックは行わないでください。
  • 動作確認のため、実行に必要な関連ファイルも含め、弊社に送付してください。

見積依頼

見積依頼よりお問い合わせください。